医者

インプラント治療を受ける|病院選びのおすすめの方法を解説

あごの骨の状態がポイント

インプラント

基本的に制限はない

インプラントはさまざまな理由によって歯を失ったときに、代わりとなる人工の歯を装着して、噛みみ合わせを確保する治療です。歯は抜けたままにしておくと食べ物が噛みにくくなるだけでなく、歯並びにも影響を及ぼすことから重要な治療であると言えます。入れ歯などの方法もありますが、違和感があることや、しっかりと噛むことができないというデメリットもありました。そのデメリットを改善した方法がインプラントであると言えます。歯が抜けた部分のあごの骨に穴を開けて、そこにチタンなど人体に影響を及ぼさない金属でできた人工の歯根を埋め込みます。そして人工の歯根を土台として人工の歯を装着します。人工の歯根はあごの骨と接着しているのでしっかりと噛むことができます。インプラント治療の適応年齢としては基本的に制限はないものの、あごの骨に人工の歯根を埋め込むという治療が発生することからも、成長期などは避けて身体的な発育が終わった時期である二十歳前後以降である方が安全に治療を行うことができます。また、人工の歯根を埋め込む治療を行うときには外科的な処置が行われることから、治療後に痛みや炎症が起こる可能性もあります。そのため、各患者の体力に応じて麻酔などを使用して治療を行います。そのため、年齢を重ねている患者でも安全に治療を受けることができます。インプラント治療においてはあごの骨の状態が重要ですので年齢のことを深く考える必要はないと言えます。